キャバ嬢のライフスタイル

忙しい?キャバクラと昼職をうまく両立させる方法

キャバクラと昼職の掛け持ちは忙しいけど稼げる


今、お昼のお仕事もしているのであれば、その職場を辞めずにキャバクラで働き始めるのもありですよ。昼職とキャバクラの掛け持ちは大変だけど、不可能ではありません。

まずはWワークって形ではじめて、もしキャバクラのお仕事が合わないって思ったら昼職一本に戻ればいいし、「キャバ嬢だけでやっていけそう」って思ったら、昼職を辞めてナイトワーク一本にするのもあり。

ただ、Wワークを始めた最初の頃は、まあまあ大変です。忙しいし寝不足になることもあるし、ストレスもたまりますしね。

それでもたくさん稼ぐチャンスが広がるから、興味がある女の子は「とりあえずやってみようかな」くらいの軽い気持ちではじめてみたらどうかな。世界が広がって楽しいかもしれませんよ?

関連記事:キャバ嬢が夜勤でも体調を崩さない体調管理法を大公開!

キャバクラと昼職を両立させる方法


昼間のお仕事と夜のお仕事を両立させるには、コツというか意識しておきたいポイントみたいなものがあります。

できるだけWワークを気楽に長続くさせるためのコツを紹介するので、これからナイトワークを始めようと考えてる女の子は取り入れてみてください!

昼職に理解のあるお店を選ぶ

まず大事なのがお店選びですね。キャバクラであればOKのお店が多いですけど、昼職やWワークに理解のある店舗を選択することを忘れないでください。

Wワーク禁止のお店で、昼間も働いてることを隠しながらキャバ嬢をやり続けるのは大変です。短期ならまだしも数ヶ月も働いてればバレるし、バレたら面倒なので、お店選びは慎重にしたいところですね。

求人に書かれてることをそのまま信用するのではなくて、面接でもしっかりと確認しておきましょう。

突然の欠勤や頻繁な遅刻などはお店にも迷惑がかかってしまうので、そのあたりは大丈夫かどうか聞かれるはずです。正直に答えながら、無理のないシフトを組めるようにお店の人に相談してみてくださいね。

ストレスの発散としてキャバクラで働く

Wワークを始める時の意識なんだけど、日頃のストレスや昼職でのイライラをキャバクラバイトで発散するっていう考え方はオススメですよ。

キャバクラで働くとお酒が飲めるし、他の女の子やお客さんと会話もできるので、意外とストレス発散になります。カラオケのあるお店もあるし、美味しいものをご馳走してくれるお客さんもいるしね。

ストレス発散してお金がもらえるんだから、こんなラッキーなお仕事はありません!そう考えることができたら、昼職との両立は難しくないはずです。

どちらを優先させるか決めておく

昼間のお仕事もキャバクラでのお仕事も、どちらにも全力を注ぐのは正直無理です。体も心も壊れちゃいます。

Wワークを始める前に、どちらのお仕事を優先させるのかを決めておきましょう。

昼間のお仕事の方が大事ならキャバクラのシフトは週に1〜2日だけにしておくとか、週末だけ出勤するみたいな働き方がオススメ。

夜のお仕事を優先させるなら、昼間のお仕事に全力を注がないようにしたいし、残業や休日出勤なんかも断った方がいいですよ。

昼間にどんな会社でどんなお仕事をしてるのかにもよるけど、将来のことを見据えた上で、どちらを優先させるかを最初にある程度決めておきましょう。そうしないと心も体も悲鳴をあげて、結局どちらも続けられなくなっちゃいます。

両立させるにはバランスが大事!手を抜くところは抜いて、継続したいことを優先させましょう。

最初は派遣キャバ嬢で始める


キャバクラ嬢は、特定のお店に在籍するキャバ嬢と、派遣会社に登録する派遣キャバ嬢の2種類に分けることができます。昼職と両立させたい人は、派遣キャバ嬢からはじめるのがオススメですよ。

派遣キャバ嬢はお店に直接在籍するわけじゃないから、こんなメリットがあるんです。

  • 出勤日数や働く期間は完全自由
  • 長期の休みも可能
  • 働きたいと思った時だけ働ける
  • 時給はほぼ固定なので成績や人気でお給料が減ることがない
  • 働いたその日にお給料を全額受け取れる
  • 毎回違うお店で働けるから面倒な人間関係を気にする必要がない
  • ノルマやペナルティーなどがない
  • お客さんへの営業や同伴出勤をする必要がない

働く日も自由で長期で休むこともできて、しかもお客さんへの営業などもしなくていいわけだから、これなら昼職との掛け持ちもできそうですよね!少なくとも、在籍キャバ嬢と比べればめちゃくちゃ気楽にWワークできちゃいますよ。

未経験者はもちろんだけど、経験者でも昼職と掛け持ちしたいなら派遣キャバ嬢を選んでみましょう。

まとめ

  • キャバクラ嬢と昼職の両立は大変だけど、不可能ではないし稼ぐこともできる
  • 昼職に理解のあるお店を選ぶことで、シフトの調整もしやすくなって両立しやすくなる
  • 昼間の仕事のストレスをキャバクラの仕事で発散するくらいの感覚で働くのもあり
  • 昼職とナイトワーク、どちらを優先させるか決めておくと働き方にメリハリがついて長続きする
  • Wワークがはじめての人はお店に在籍するよりも派遣キャバ嬢からはじめてみよう
  • 派遣キャバ嬢は働き方が自由だしお客さんへの営業もしなくていい

キャバクラのバイトに興味はあるけど、昼間のお仕事もしてるという女の子、多いですよね。そういう人は、Wワークという形で働いてみましょう。

2つのお仕事を掛け持ちするのは確かに大変で忙しいけど、意識や働き方などを工夫すれば、案外できちゃうものです。

お店選びも大事だし、あまり真面目になりすぎないのもコツかな。キャバクラ派遣なら働き方も自由でストレスがたまりにくいので、最初は派遣キャバ嬢からスタートさせてみるのもあり。

特にキャバ嬢未経験者は派遣でナイトワークに慣れるところから始めてみるといいですよ。

全額日払い・完全自由出勤・厚労省認可のキャバクラ紹介なら【TRY18】
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!